photo26

私はアイキララを使い始めて4ヶ月くらいたっていますが、日を重ねるごとに目元がどんどん明るくなってきていて、毎日鏡を見るのが楽しみになってきています。

まだこれからアイキララを試そうと思っている方は是非楽しみにしていてくださいね。

日々アイキララを使っている中で疑問に思うことがあります。それは、「アイキララにはどんな成分が含まれていて目の下のクマにどんな効果があるんだろう?」ということです。

 

アイキララは毎日何気なく使っているんですが、目の下のクマがどんどんなくなっていくのでアイキララについてもっと知りたいと思うようになりました。

そこで今回はアイキララに含まれている成分とその効果について徹底的に解説していきたいと思います。まだアイキララを使ったことがない人は、アイキララはどうして目の下のクマに効果があるのかということがバッチリ分かるようになると思いますよ!

アイキララに含まれている成分って何がある?

アイキララには下記のような成分が含まれています。

水、MGA、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

色々な成分が含まれていてよくわからないという人もいると思います。

肌に優しいの?敏感肌でも使うことができるの?と心配になるかもしれませんが、アイキララは安全性にこだわって作られています。着色料や保存料、防腐剤などは一切使われていません。

使用されている成分は肌に優しい成分を厳選しているので、敏感肌の人でも安心して使うことができるんです!

アイキララに含まれている成分「MGA」って何?

アイキララに含まれている成分の中で主役と言っても良い成分が「MGA」です。

初めて聞いたという方も多いと思いますが、MGAはビタミンC誘導体の一種で、加齢で失われたハリと弾力を覚醒させ、目元をふっくらと若々しい印象にしてくれます。

目の下にクマができる原因は「皮膚痩せ」によって皮膚内部の色素が透けてしまうことです。それによって影ができやすくなり、クマができてしまうんです!

MGAはその皮膚痩せを改善してくれるので、目の下のクマに悩まされていた人は、アイキララでクマを解消することができるということですね♪

そもそもビタミンC誘導体って何?

MGAは目の下のクマを解消してくれる成分だというのはわかったと思いますが、もっと細かいメカニズムについて見ていきましょう!

MGAはビタミンC誘導体の一種だと先ほど言いましたが、そもそもビタミンC誘導体とはどんな役割を持っているのでしょうか?

ビタミンCは抗酸化作用や美白に効果があるとされているのは知っていると思いますが、ビタミンCという成分自体は非常にもろく、すぐに壊れてしまいます。なのでビタミンC自体を摂取しても効果が発揮されにくいという欠点があります。

 

そこで活躍するのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体はビタミンCの力を最大限発揮するために人工改良されたものなので壊れにくく、安定性を持っています。そのため、抗酸化作用や美白効果を最大限発揮したり、コラーゲンのサポートをしてくれるという役割があります。

ビタミンC誘導体の一種であるMGAを使うことで目元をふっくら明るくさせることができるということなんです。

あなたもアイキララを使って目の下のクマをなくしてみてはいかがでしょうか♪