photo30

アイキララを使って目の下のクマを改善しようと思っている方は多いと思いますが、クマにも色々な種類があるのを知っていましたか?

私も今まで目の下のクマに種類があるのを知りませんでした!

自分のクマの種類を知ることでより効果的な対策ができるのではないかと思います。そこで今回は、目の下のクマの種類とそれぞれの対策方法について解説していきたいと思います(*^^*)

目の下にできるクマの種類と対策方法

目の下にできるクマの種類には大きく分けて以下の3つがあります。

・茶グマ→色素沈着が原因で起こるクマ
・青グマ→血行不良が原因で起こるクマ
・黒グマ→皮膚のたるみが原因で起こるクマ

茶グマの原因と対策方法

茶グマの主な原因は色素沈着です。紫外線をたくさん浴びたり、目の下をこすり過ぎてしまうと色素沈着を引き起こしやすくなります。

また、化粧かぶれや、マスカラを落としきれていないことが原因でもあります。茶グマは加齢のせいにしたり、化粧することで隠したりもできるのでスルーしがちですが、しっかりと対策をしないとどんどんひどくなっていきます。

対策方法としては、美白効果のあるコスメを使うことです。ビタミンC誘導体の配合されているものだとさらに効果的です!ビタミンC誘導体は美白効果があり、ふっくらとハリのある肌にしてくれるのでオススメです。

青グマの原因と対策方法

青グマは主に血行不良が原因で起こるクマです。パソコンの画面をずっと見ていたり、睡眠不足やホルモンの乱れなどが原因で引き起こされることもあります。

青クマは年齢を重ねることによって目の下の皮膚が薄くなり、毛細血管が透けて青っぽくなってしまうので青グマと呼ばれています。

 

対策方法としては、目元のマッサージを行ったり、蒸しタオルで温めたりして血行を良くするのが効果的です。それ以外にも、カシスポリフェノールを摂取することで血行を良くすることができるので、カシスポリフェノールの摂取も効果的です。

カシスポリフェノールは明治製菓の研究で、摂取してから90分後に目の下のクマが5%改善されたというデータもあり、とてもに信ぴょう性が高いです。

黒グマの原因と対策方法

黒グマは目の下の皮膚がたるみ、影を作ってしまうことによってできるクマです。

黒グマの原因は生まれつき目の下の皮膚の脂肪が少なかったり、加齢によって皮膚がたるむことが原因になります。直接肌にできるものではないので、コンシーラーなどで隠すことが難しく、非常にやっかいなクマです!

対策方法はヒアルロン酸を注入することによって目元をふっくらさせる方法がありますが、それ以外にもビタミンC誘導体が配合されたアイクリームを塗ることも効果的です。

どのクマでもアイキララで解消できます

以上、いろいろなクマの種類について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

クマにはいろいろありますが、どのクマもアイキララを使えばなくすことが可能になります。アイキララには美白効果もあり、ビタミンC誘導体が配合されているので、目元をふっくらとさせ、クマをなくす効果が期待できます!

クマで悩んでいる人の話を聞くと、どのアイクリームを使っても効果がないし、高級なアイクリームは1万円以上するからなかなか使い続けることができないという悩みを持っている方もたくさんいました。

 

しかし、アイキララは1本あたりが2500円ととても安いので、クマに悩まされている方から喜びの声が続出しているようです!

私もアイキララで目の下のクマをなくすことができたので、よかったら体験談を覗いてみてください( ´ ▽ ` )ノ

きっと参考になると思いますよ♪
⇒アイキララを3ヶ月使って目の下のクマをなくした体験談